あなたに風俗体験談を贈ります。面白い体験談から感動体験談まで!

風俗で幼い巨乳でパイパンのIちゃんとのエッチなプレイ

私は風俗が好きで、先日Gというデリヘルを利用して、幼い巨乳でパイパンの可愛い風俗嬢と遊んできました。名前はIちゃんと言い、本当に可愛い子でした。正直好きな人にはたまらないIちゃんのプロフィールだと思いますが、私自身もこういった女の子が結構タイプだったりします。そして実際Iちゃんと遊んだ感想なんですが、かなりエロい子で大興奮のプレイを楽しみました。まず、Iちゃんの体はとても敏感で私がせめるとかなり濡れてきて、パイパンのアソコに指が軽く2本入っていく様子はかなり興奮しました。また私がアソコを掻き回すと、かなり可愛い声で喘いでくれるので最高でした。また、Iちゃんのせめもとてもよく、特にフェラに関してはAVさながら音をたててじゅぽじゅぽしてくれるので興奮しました。良い意味で見た目とのギャップを感じました。そして最後は、Iちゃんのパイパンのアソコにこすりつけるようなかたちの素股を楽しんで気持ちよく発射しました。そして発射後、Iちゃんがいっぱい出たねと笑顔で言ってくれたのはかなり良かったです。今回も満足した風俗体験でした。

風俗で質問が多い女の子とのプレイの体験

マットで遊んでいた時、プレイに関しては普通でしたが、会話に関しては質問攻めにしてくる事が多い女の子に気を使った経験があります。胸の周りは非常に大きい感じで、胸などを使ったプレイには魅力を感じました。テクニックに関しては凄さを感じたが、会話をしている最中に私が愛読している本の名前や趣味などに言及してきて、質問攻めに少々引いた場面もありました。丁寧な挨拶はきちんと行いますが、風俗の特有である笑顔を見せなかった事は少々気がかりでした。笑顔を出せば良いというわけではなくて、私が求めたいのは風俗での気持ち良さと恋人のように一緒に笑顔を漏らしながら過ごせる環境なので、質問をしてくる女の子には違和感を感じた事もありました。但し、女の子は知らない事も積極的に教養などを教えてくれた部分もあって、人生に関して勉強になった事もプラスであると感じて、様々な性格や風貌を持っている風俗の女の子がいるという事に関して勉強になりました。

職場のみんなで風俗店へ

俺の勤める会社は従業員15名の内、男が13名女が2名の少人数の中小企業だ。社長の一声でよく慰労会があるのだが、2名の女子社員は特別美人でもなく一緒に飲んでても楽しくないし、社長は毎回【俺が若い時は…】のお決まりの武勇伝を語りだすしで退屈なのだが、一次会が終わった後で若手社員だけで集団で風俗に行くのが楽しみだったりする。毎回慰労会が終われば若手7人でスキップしながら繁華街の片隅のヘルスが密集している地域に行き、路上で各店のポン引きを交えての店選びだ。7人全員が同じ店に同時には入れないからね。みなそれぞれ、ギャルが良いだの熟女を抱きたいだのと好き勝手に言うと、各店のポン引きたちは要領よく「ではお兄さんはこちらへ」「彼氏は当店へどうぞ」みたいにすぐにさばけて行く。先日の慰労会のあとの【風俗店での二次会】は俺にとっては大満足で、人妻風の風俗経験が初めての30代の女性と遊ぶことが出来た。風俗の仕事に慣れてない分、酒に酔った俺の愛撫でも存分に感じてくれ、俺もぎこちないフェラチオで大量に射精できた。風俗店での二次会が終われば近くのラーメン屋でまた7人が集まり三次会が始まる。給料は安いがこんな楽しみがあるので、会社を辞めるつもりはない。

風俗で妄想妹プレー

私には本当の妹がいないので、ずっと妹が欲しいと思っていました。風俗嬢を選ぶ時も妹にするならこんな女性と思いながら選んでしまいます。お前にこんなかわいい妹ができるわけないだろと言われかねないような可愛い妹を選びます。先日はRちゃんという風俗嬢を指名しました。派遣型風俗だったので、部屋にやってきます。もうすっかり本当の妹が来る妄想が始まっているので、部屋が汚いと言われないように、部屋を掃除して、アロマをたいて待ちました。そしてRちゃんは部屋にやってきました。セーラー服を着てやってきたRちゃんは妄想の中で本当の妹です。一緒にシャワーを浴びている時、こんなにおっぱい大きくなったんだと勃起しちゃいました。それを見つけて手コキするRちゃん。だめだよそんなことしちゃ…と思いつつ、もっとしてと思っていました。フェラをされながら、今日だけだよRちゃんなんて心の中で思って、一度だけなら楽しもうと、騎乗位の素股ではRちゃんと一緒にあんあん言いながら果てました。やめられない妄想妹プレーでした。